本文へ移動

家づくりブログ

大工のひとりごと

終のすみかについて考える(2)〜浜松市の高気密・高断熱住宅なら[大工米サ]〜

2020-09-14
カテゴリ:セミナー情報,住まいのこと,暮らしについて
寒さ暑さが健康にダメージを与える理由
北欧風の規格住宅"TRETTIO"を建てる浜松市の工務店・大工米サです。前回の記事の続きで、集団でいることの危うさが露呈した感染症問題で、終の棲家を建てることの意義をご紹介しています。さてその中で以下のような2点について書きました。
 
これから家を建てようとする方は、
1)介護が必要な健康状態にならないようにする
2)「終の棲家」をしっかりと作る、もしくは新築時に住まいで自宅介護を考えられるように計画すること
上記について考えることが大切になると思います。
 
さて(1)を少し細かく見ていきましょう。「暑い・寒い・結露」これが健康を害する原因になる、という話をしました。
この3つは「こんな家には住みたくない」のワースト3です。そしてこれを解決するには高気密・高断熱性能が必要。
 
では「健康を害する」という部分をクローズアップします。
 
「暑い」…これは分かりそうですね。熱中症のリスクです。寝ている間に体調が徐々に悪くなっていっている状態は非常に危険。
クーラーをつけっぱなしにして寝る方が良いのですが、電気代もばかにならない…
これは室温を一回冷やしても、外気に影響されて温度が上昇してしまう「断熱・気密性能の低さ」も問題のひとつと言えるでしょう。
 
「寒い」…人間は暑さよりも寒さに弱い生き物です。
英国保健省の冬季の室温についての指針によると、
18℃以下から「血圧上昇・循環器系疾患」などの健康リスクを発症する可能性が出てきます。
16℃以下では呼吸器系疾患による抵抗力が衰えると示されています。
 
さらに、2006年には年間の交通事故死者の2倍も死者を出しているという「ヒートショック」も恐ろしいものです。
古い家でよくあることですが、
暖かい部屋と寒い廊下の温度差、さらに脱衣所の寒さと熱い湯を張った浴槽の温度差は、心臓や血管にダメージを与えています。
 
「結露」…これは目に見える部分の”表面結露”と”内部結露”に大別されます。サッシの表面結露は、カーテンなどのダニ・カビの原因になります。
ダニ・カビはアレルギー諸症状や肺炎などの根源になるといわれていますね。
一方、内部結露は健康面に直接的な害はないものの、建物そのものの劣化につながります。壁の内部の断熱材、床材・畳の内部や、床下のコンクリート・金属と木材が接する部分などさまざまな場所に結露します。素材の劣化はもちろん、シロアリの好む環境を作り出すことにもなります。
 
人間にとっては皮膚は3つあり、実際の皮膚、第2の皮膚である衣服に続いて、家は”第3の衣服”と言われます。
健康でいたければ、必ず優先的に住宅性能にこだわってみましょう。
 

上記のような知識をお客様と共有する住宅性能セミナーは随時開催しています。
コロナウイルスに配慮し、事務所にて少人数で行っていますので
ご希望の方はまずご予約ください。
大工米サ
〒432-8033
浜松市中区海老塚1丁目16-4
TEL.053-453-7890
 
大工米サ建築設計事務所
〒432‐8057
浜松市南区堤町246
TEL.053-440-4719
FAX.053-489-4760
TOPへ戻る