本文へ移動

家づくりブログ

大工のひとりごと

2050年に温室効果ガス排出を実質ゼロに!?〜浜松市の高気密・高断熱住宅なら[大工米サ]〜

2020-10-30
カテゴリ:高気密・高断熱,セミナー情報,住まいのこと
石炭火力発電の見直し:私たちができることは
北欧風の規格住宅"TRETTIO"を建てる浜松市の工務店・大工米サです。2020年9月に就任した菅義偉首相ですが、行政のデジタル化などどんどん新しい施策を打ち出していますね。河野大臣の行政手続きからハンコを排除というのは、正直うれしいなあと思います。もちろん、デメリットなどもあるかもしれませんし、それはその都度修正していくとして…
 
まあそんな打ち上げ花火の中、2020年10月26日にタイトルに取り上げた「2050年に温室効果ガス排出を実質ゼロに」も大々的に打ち上げられたわけです。季節外れですが、スターマインのように目白押しですね笑。さて、これは2010年に環境省が「地球温暖化に係る中長期ロードマップの提案」(当時の環境大臣の試案)として示唆している「2050年に80%削減」という目標からは随分先に進みましたね。
 
それが実現しうるかどうか、国策レベルの話はここでは置いておきます!(細かな話はわからないですからね;)
では何の話をするかというと、私たち「工務店や家を建てる皆様ができること」についてです。
 
経済産業省の資源エネルギー庁のWEBページを調べますと、”企業の消費エネルギー量は減ってきているものの、家庭では逆に増えている”ということ。石油ショックの時と比べてしまうとどうかなあとは思いますが、とにかく、家庭での消費エネルギーを実質減らせば「2050年に温室効果ガス排出を実質ゼロに」に貢献できるというわけではないでしょうか!?
 
つまり、いつも言っている”高気密・高断熱”が役に立ちます!
冬場には一度温めた、夏場には一度冷やした室温はながーく一定に保たれます。
これは消費エネルギーを減らすことにほかなりません^^
 
さあ、30年後の未来のため…というのは遠すぎですので、まずは家計のために笑
一歩を踏み出してみませんか? 住宅性能についてのセミナーも随時開催しています^^
 

住宅購入前の知識をお客様と共有する住宅性能セミナーは随時開催しています。
コロナウイルスに配慮し、事務所にて少人数で行っていますので
ご希望の方はまずご予約ください。
大工米サ
〒432-8033
浜松市中区海老塚1丁目16-4
TEL.053-453-7890
 
大工米サ建築設計事務所
〒432‐8057
浜松市南区堤町246
TEL.053-440-4719
FAX.053-489-4760
TOPへ戻る