本文へ移動

家づくりブログ

大工のひとりごと

土砂災害について知ろう~浜松市で高気密高断熱の家を建てる・大工米サ~

2021-07-05
カテゴリ:キャンペーン情報,住まいのこと,暮らしについて
熱海で起きた土石流災害は予想できた?
北欧風の規格住宅"TRETTIO"を建てる浜松市の工務店・大工米サです。
去る2021年7月3日、同じ静岡県の熱海市で大雨による土砂災害が起きましたね。SNSなどで拡散されている動画を見ると、恐ろしいほどの勢いで流れ来る黒い泥水は、家々を飲み込んでしまっています。規模は違いますが、津波被害を思い出してぞっとしました。今でも捜索・救助活動が継続されているでしょう。みなさんが無事でいてくれるとよいなあと思います。

土砂災害と一口に言っても、①がけ崩れ・②地すべり・③土石流に大別されます。がけ崩れは斜面の地表に近い部分が崩れ落ちる現象で、崩落する時間があっという間のため、該当地域の方は巻き込まれやすいと言われます。地すべりは斜面をゆっくりズルズルと下方に向けてスライドしていく現象。最後の土石流は熱海市で起きたもので時速20㎞~40㎞という圧倒的なスピードで山腹の土砂が滑り落ちてくる現象です。熱海市では5万㎥が崩落したそうで、その破壊力をうかがい知ることができます。

さて、もともと熱海は堆積物が流れ流れて開けた地域に人が住みだしたところと言われます。国にも「土砂災害警戒区域」に指定されており、土砂災害が発生した際に人の命にかかわるような被害が想定されています。また市町村による警戒避難体制の整備が求められる区域でもあるそうです(国土交通省の資料より)。起こりうる場所が分かっていながら、なぜ被害が拡大してしまうのか?と考える方もいらっしゃるでしょう。それは”いつ”本当に起こるのかが分かりづらいからだそうです。土砂災害は雨のピークからずれて起こるものらしく、災害の”いつ”を予測するのは極めてむずかしいそうです。ただ、どこで起こりうるかは各自治体HPに公開されているハザードマップで確認できるのです。

私たちは危険区域の少ない浜松市の南側に住んでいるものの、こういった知識はしっかりと覚えておきたいですね。浜松市のハザードマップはこちら(https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/bosai/bosai/map/)


モデルハウスモニター募集:トクに北欧住宅を建てたい

住宅購入前の知識をお客様と共有する住宅性能セミナーは随時開催しています。
コロナウイルスに配慮し、事務所にて少人数で行っていますのでご希望の方はまずご予約ください。
TOPへ戻る